調査業務

保安協会をかたる勧誘などにご注意ください!

最近、電力会社から低圧で電気の供給を受け会社事務所や商店、工場などを経営されているお客さまに、“保安協会コールセンター”をかたる業者からの強引な電話勧誘が全国的に多発しております。
電話内容は、電気料金値上げや省エネルギーに便乗したもので、「動力設備の契約内容の確認」や「電圧測定の実施」、「電気料金が安くなる機器の取り付け」などです。相手先の社名を確認すると“保安協会コールセンター”など弊協会と類似の社名をかたり非通知で発信されるのが特徴です。弊協会には、“コールセンター”はございません。
また、弊協会からお客さまに勧誘のお電話を差し上げることもありませんので、ご注意ください。
また、「漏電調査」を偽った詐欺事件の情報も寄せられています。
弊協会は、電力会社から委託を受けて調査業務(無料実施)を実施しておりますが、予め、お客さまに調査予定日をお知らせした上で実施しており、その際、お客さまからお金をいただくことはありません。
調査の結果、不良箇所がある場合は修理をお願いし、お客さまから要望があった場合には電気工事店などをご紹介しております。
不審に思われる場合には、最寄りの弊協会事業所または電力会社にお問い合わせ下さい。

ニセ調査員の事例

事例1
“電気保安協会”を名乗り、電気の検査や屋内ブレーカー(分電盤スイッチ)の取替えを強要する事件がありました。
一人暮らしの老人宅が標的にされ「取替え期限が迫っている」などと、言葉巧みに取替えを迫るもので、了解した場合は高額な料金を請求する手口です。
事例2
漏電調査と偽り二人組みが上がり込み、一人が対応している間に、もう一人が部屋の中を物色し金品を盗むという事件がありました。
事例3
「電気の検査にきました」と電気工事業者になりすました不審な男性二人が訪問。電気メーターと分電盤を見て「このままでは電気使用量が多くなり、電気も止まってしまう。修理するのに20万円必要となるが15万円にまける。」と言われ、お金を支払い領収書を請求したところ、取りに行くと言ったまま戻ってこなかった事例がありました。

不審な業者への対応について

  • 非通知設定による電話には特に注意し、相手の会社名や氏名、連絡先を確認する。
  • 勧誘内容に即答せず、一度電話を切るなど冷静に対処する。
  • その場で料金の支払いや健康保険証などの提示を求められても、一切応じない。
  • 最寄りの弊協会事業所や電力会社に確認の電話をする。