でんきのあれこれ

交流の極性

直流(乾電池、バッテリーなど)は、プラス(+)極とマイナス(-)極が明確に決められており、電気器具につなぐとき、反対につなぐと、動かなかったり、逆回転したりします。
交流の場合は、ふだん、電気器具のプラグをコンセントに差し込むとき、極性を意識しなくても、どちらでも問題ありませんね。
でも、実は交流電源にも、「アース側(クール側とも云う)」と「ホット側」という極性があるのです。
「(その2)電気が届くまで」で話したように、変電所から送られてきた6600Vの電気は、柱上変圧器で100V(または200V)に下げて家庭に送られ ますが、もしこの変圧器の中のコイルの絶縁が悪くなると、高圧側(6600V)の電気が低圧側に暴れ出ることがあり、危険です。
このため、低圧側の片方の電線を大地につないであり(アース、接地)、もし、高圧側の電気が暴れ出ても、大地に逃がすしくみになっています。
この、大地につないである方がアース側、もう一方がホット側です。
アース側とホット側の線間電圧は100V、ホット側の対地電圧は100V、アース側の対地電圧は0Vです。
コンセントをよく見ると、二つの溝の縦の長さが違います。一般に、少し長い方がアース側、短い方がホット側です。

家電製品は全て極性を意識する必要はありませんが、オーディオ機器については、極性によってノイズや音質が変わるといわれています。
オーディオ機器の製品によっては、電源コードの片方の線に社名や白線などのしるしを入れ、極性を合わせることを推奨しているところもあります。
まずコンセントの極性を確認して、接続している全ての機器(アンプ、チューナー、テープデッキ、Cデッキなど)の極性を合わせなければなりませんが、テスター(回路計)か極性チェッカーが必要ですし、めんどうです。
また、全ての極性を合わせても、各機器の特性や組み合わせによって、必ずしも改善されるわけでもないようです。
超マニアの方以外は気にすることもないでしょう。