調査業務

調査業務

hoan01

北海道電力ネットワーク株式会社の委託を受けて、
4年に1回電気設備の安全調査を行っています

ご家庭や商店など低圧で受電する電気設備(一般用電気工作物)の安全を確保するため、電線路維持運用者(北海道は北海道電力ネットワーク株式会社 以下、ほくでんネットワーク)に4年に1回、調査を行うことが義務付けられています。
一方、ほくでんネットワークは調査業務を経済産業大臣の登録を受けた「登録調査機関」に委託することができます。弊協会は、経済産業大臣の登録を受けた「登録調査機関」として、ほくでんネットワークから委託された調査業務を札幌市と小樽市の一部の地域および島しょ部を除く北海道全域で行っております。(無料)

定期調査業務の手順・内容

定期調査のお知らせ

左図のようなお知らせを調査員が事前にお届けします。
※図をクリックすると拡大表示されます。

問診

hoan03

電気安全パンフレットを用い電気の安全な使い方についてご説明するとともに、電気に関する相談を承ります。

屋外の調査

hoan04

屋外の引込口配線などの目視点検を行います。

屋内の調査

hoan05

分電盤内部の点検、絶縁状態の確認を行います。

ご不在時の調査

hoan06

屋外の調査を行い、屋内の調査に代えて電気のメーター付近で漏れ電流を測定し絶縁状態の確認を行います。
また、電気安全パンフレットを配布いたします。

調査結果

hoan07

終了後に、調査の結果をお知らせします。
基準に適合していない箇所が確認された場合は、お客さまが電気工事店に依頼し、速やかに改修していただくことになります。

hoan07

 

調査員の服装

弊協会の調査員は胸に従事者証を付けているのでご確認ください。

  • tyosa01

    夏服

  • tyosa02

    従事者証をご確認ください

  • tyosa03

    冬服

調査業務の様子を動画でご覧いただけます。

※現在は、新型コロナウイルス感染防止の観点から、マスクを着用して作業をしております。