広報業務

広報業務

電気の安全な使い方や省エネ等の普及・啓発・相談

電気の安全を確保するためには、電気をお使いになるひとり一人が安全に関する正しい認識を持つことも重要となります。
弊協会は電気の使用に関する安全知識の普及と電気災害防止に対する関心を高めていただくために、各種パンフレットやテレビ・ラジオ等によるPRなど、地域に密着した活動を展開しています。

電気・省エネ相談

public01

弊協会本部、全道の支部・事業所に「電気・省エネ相談窓口」を設け、電気の安全な使い方や省エネルギー等に関する質問や相談にお応えしております。お気軽にご利用ください。
なお、当ホームページのお問い合わせやお電話などでも受付けております。

一般財団法人北海道電気保安協会
電気・省エネ相談窓口

TEL  (011) 555-5018  FAX (011) 555-5002
〔 窓口対応時間 : 平日 / 9 時 ~ 17 時 まで (土日・祝日を除く) 〕
※なお、受付は最寄りの弊協会事業所でも行っております。

広報誌「でんき保安」

public02

弊協会では、より多くの皆さまに電気を安全にムダなくご使用いただくために、広報誌「でんき保安」を隔月で発行しております。
「でんき保安」は、お取引のあるお客さまだけではなく、各種イベントに参加された方へも会場で配布しておりますが、希望される方には毎号お送りいたします。
ご希望の方は、本部広報部(☎011-555-5008)までお問い合わせください。

最新号・バックナンバーはこちらから

イベント会場における啓発活動

技術フェア、セミナー、展示会、地域イベントなどへの出展、参加の機会を捉え、来場者を対象に電気の使用・安全、省エネルギー等に関する啓発、周知及び相談活動(移動相談所)を行っています。

public03public04public05

電気使用安全月間(8月)

北海道image8月は「電気使用安全月間」とされていますが、その始まりは昭和56年に遡ります。
 当時、感電死傷事故発生の最も多かった8月に、関係各団体において自主的に実施している安全運動を集中的に展開することにより、運動をより効果的なものとして広く電気使用の安全に関する知識と理解を深めることを目的に通商産業省(当時)の主唱のもと始まりました。
弊協会は、全道の支部・事業所所在地において「街頭キャンペーン」を実施、啓発グッズの配布を通じ電気の安全使用に関する啓発活動を行っています。

public07public08