弊協会について

メッセージ

弊協会は、昭和41年3月に財団法人として設立後、平成23年4月に一般財団法人へ移行、平成28年3月に50年を迎えました。 この間、北海道経済は目ざましい発展を遂げ、私たちの暮らしも大変豊かなものになりました。その発展を陰で支えてきたのが電気といえます。

電気は利便性の高いエネルギーですが、不可欠なのが安全性の確保です。電気の安全を確保する際に要となるのがお客さまが選任する電気主任技術者ですが、弊協会は、電気主任技術者を選任することが困難なお客さまから保安管理業務を受託し、お客さまの発展を支えてきました。

弊協会は、これからも保安管理業務のパイオニアとして北海道の発展を支えていきます。

事業概要

調査業務

gaiyo01ご家庭や商店など低圧で受電する電気設備(一般用電気工作物)の安全を確保するため、電線路を維持している電力会社(北海道では北海道電力株式会社)に4年に1回、調査を行うことが義務付けられています。
一方、電力会社は調査業務を経済産業大臣の登録を受けた「登録調査機関」に委託することができますが、弊協会は、経済産業大臣の登録を受けた「登録調査機関」として、電力会社から委託された調査業務を札幌市と小樽市の一部の地域を除く北海道全域で行っております。

詳しく見る

保安業務

gaiyo02高圧で受電し電気をご使用いただく際、電気設備の設置者に電気主任技術者の選任が義務付けられています。
電気主任技術者は、職員の中から国家資格である電気主任技術者免状を有する者を選任するのが原則ですが、困難な場合は、保安管理業務を外部委託し国の承認を受けることにより、電気主任技術者を選任しないことが可能となります。
弊協会は、電気事業法関係法令等で定める要件に適合した電気保安法人として多くのお客さまから選択いただいております。

詳しく見る

広報業務

gaiyo03電気を安全にムダなく使用するためには、電気をお使いになる一人ひとりが正しい認識を持つことが大切です。
弊協会は、各種パンフレットやテレビ・ラジオ等によるPRなど、地域に密着した広報活動を展開しています。

詳しく見る

事業概要を動画でご覧いただけます。

gaiyo04

職員数・資格取得状況(平成29年4月1日)

職員数 598名(役員除く)
主な保有技術資格者数
・ 技術士補(電気電子部門) ・・・・・・・・・・ 7名
・ 第一種電気主任技術者 ・・・・・・・・・・ 2名
・ 第二種電気主任技術者 ・・・・・・・・・・ 32名
・ 第三種電気主任技術者 ・・・・・・・・・・ 378名
・ エネルギー管理士 ・・・・・・・・・・ 73名
・ 第一種電気工事士 ・・・・・・・・・・ 361名
・ 第二種電気工事士 ・・・・・・・・・・ 374名
・ 特殊電気工事士 ・・・・・・・・・・ 84名
・ 消防設備士(甲種) ・・・・・・・・・・ 256名
・ 消防設備士(乙種) ・・・・・・・・・・ 330名
・ 消防設備点検資格者 ・・・・・・・・・・ 62名
・ その他 自家用発電設備専門技術者、冷凍機械責任者、ボイラー技師など(複数の有資格者を含む)