事業者のみなさま

電気設備の更新は計画的に

電気設備の老朽化は思わぬ事故を引き起こします。
電気設備の更新時期は機器や環境により様々ですが10年を過ぎたら注意が必要です。
特に電力会社の配電線に直結している屋外の区分開閉器は、老朽化が進むと波及事故に至る可能性が高まります。
地絡事故(高圧側の漏電)の影響を水際で防いでくれるGr付き区分開閉器の場合は、保護機能の維持も重要なポイントとなります。
波及事故が発生すると、社会的に大きな影響を及ぼすことが想定されるため、国への報告が義務付けられています。
また、受電設備が老朽化すると波及事故に至らなくても、突然、停電にみまわれたり感電事故を引き起こし、工場の操業停止など経済活動に支障をきたすことになります。
弊協会は、一般社団法人日本電機工業会の「汎用電気機器更新のおすすめ」及び精密な診断試験結果などを基に、老朽化が進んだ機器の取り替えをお願いしています。

高圧機器の更新推奨時期

弊協会は、日本電機工業会の「高圧機器の更新推奨時期」及び精密な診断試験結果などを基に、老朽化機器として取り替えをお願いしています。

customer

機 種 更新推奨時期
高圧交流負荷開閉器※ 屋内用15年または負荷電流開閉回数200回
屋外用10年または負荷電流開閉回数200回
断路器※ 手動操作20年または操作回数1,000回
動力操作20年または操作回数10,000回
避雷器 15年
交流遮断器※ 20年または規定開閉回数
計器用変成器 15年
保護継電器 15年
高圧電流ヒューズ 屋内用15年
屋外用10年
高圧交流電磁接触器※ 15年または規定開閉回数
高圧進相コンデンサ
直列リアクトル、放電コイル
15年
15年
高圧配電用変圧器 20年
  1. ※印の開閉器類については、交換可能な部品の最短寿命を表すものではなく、保守・点検状況またはメーカーの推奨する部品交換条件に従って、消耗部品は適宜交換されることを前提としています。
  2. 一般社団法人日本電機工業会PD