でんきのあれこれ

電気の専門用語

直列リアクトル

word03電気炉や電子機器などから発生する50ヘルツ(東日本で使用されている電気の周波数)の2倍以上の高い周波数を持つ電気を「高調波」と呼び、この「高調波」が多くなると電気機器の異常過熱を引き起こすことがあります。
このため、「高調波」を発生させる工場などから、電力会社の配電線を通して外への流出を防ぐ装置として、コンデンサと合わせて設置・使用する機器です。
また、コンデンサ通電の際、大きな電流が流れると同時に異常な電圧変動が発生します。直列リアクトルはこれらを抑制する役割があります。
※リアクトルはコイル(線状の金属を渦巻き状にしたもの)のことです。

トップランナー変圧器

「トップランナー変圧器」とは、トップランナー基準をクリアした「高圧受配電用変圧器」のことです。
高圧受配電用変圧器は、2002年にトップランナー基準の対象機器として追加されたことにより、エネルギー消費効率の改善が進みました。

これまでに油入変圧器、モールド変圧器が第一次目標年度を迎えましたが、トップランナー基準の対象となる以前の製品に対して32.8%の改善が図られたと評価されています。
引き続き省エネ性能を向上させる必要があることから、2012年4月に新しい第二次判断基準が示され、2014年度を目標にさらにエネルギー消費効率12.512.5%の改善を見込むとされています。

logoなお、基準を達成した変圧器には、カタログや変圧器本体に統一デザインのロゴマーク(右)が表示されます。

トップランナー変圧器について詳しくはこちらへ

トップランナー制度

「トップランナー制度」とは、1998年の省エネ法改正により導入された電気製品や自動車など(特定エネルギー消費機器)の省エネルギー化を図るための制度です。高い基準(トップランナー基準)を設け、どの製品もその基準を目指すことで、革新的な技術の開発が可能とされています。

トップランナー制度による主な機器の効率改善の状況は次のとおりです。

●平均エネルギー消費効率の改善
・乗用自動車 48.8% (1995年度→2010年度)
(ガソリン車)
・電気冷蔵庫 43.0% (2005年度→2010年度)
・蛍光灯器具 35.7% (1997年度→2005年度)

word04対象となる機器は、2013年11月に三相誘導電動機と電球形LEDランプが追加され、現在、28機器となっており、目標年度に到達した機器については、トップランナー基準の見直しが行われることになっています。

バイオマス発電

imgバイオマスとは、動・植物などから生まれた生物資源の総称です。バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。

代表的なものに家畜糞尿を利用したバイオガス発電や製材廃材を燃料として使用する火力発電などがあります。

新エネルギー

word06代表的なのが、太陽光発電や風力発電ですが、これ以外にもバイオマス発電や中小規模水力発電などがあります。(図参照)

これらについては、「再生可能エネルギー」と呼ばれることもありますが、「新エネルギー」は「再生可能エネルギー」のうち経済性が劣り普及が十分でないものを指し、普及促進のため様々な施策が講じられています。